海外就職を目指せの記事

オーストラリア ワーキングホリデー ビザ 法律改正

オーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)に行こう!

と考えている人に朗報です。

オーストラリアのワーキングホリデー ビザ
2006年7月1日より一部改正されます。

ビザ法律改正は、下記の通りです。

◆ 雇用主で就労できる期間が3ヶ月から6ヶ月となります。

◆就学・研修できる期間が3ヶ月から4ヶ月となります。

◆2度目のワーキングホリデービザを申請する際、「季節労働」についての定義が緩和されます。

ワーキングホリデーは、まさに働く+休暇なので半年も同じ場所で働きたくない。って人も多いかもしれませんが、オーストラリア就職したい人、永住したい人には、このワーホリビザ改正は、絶好のチャンスです。

同じ職場で半年間(以前の倍)も働けることに成ったことによりワーキングリデービザ所有者を雇う会社も増えるだろうし、また、半年間、一生懸命働き、自分の能力が認められれば、ワーキングホリデーからワークビザのサポートや、正社員永住の道が開けると思います。

オーストラリア就職したい人は、まずは、ワーキングホリデーから初めて見るのは、いかがでしょうか?(年齢制限ありです。)

オーストラリア ワーキングホリデービザについては、オーストラリア政府移民局日本オフィスのホームページで詳細を確認してください。

ワーホリに行く前に無料英語を勉強しましょう。
オーストラリアに行ってからでは遅いです。



オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住