海外就職を目指せの記事

タイでのロングステー 物価、車、バイク、電化製品

タイでのロングステー。まず車は必要か?

タイといっても住む地域によって車の必要性が変わってくるが、やっぱりあったほうが便利に決まってる。特に地方だったり、プーケットにしても日本のような公共の乗り物がないに等しいこの国も、バイクタクシーやトゥクトゥクでどこでも行けると言っても車はあったほうがいい。よく意味がわからない文章だが、長期滞在には車があるに越したことはない。

プーケット島の交通手段のソウテウ 乗り合いバス

でもタイでは車が高い!ホント高い。タイ全体の物価が日本の3から5分の1に対して車は2倍程度する。となると、タイ人にとっても現地で働く日本人にとっても車はものすごく高い。それでは、町には高級車ゴロゴロ走っている。いったい金持ちのタイ人はどのくらいお金を持っているのだろう。そういう人に限って車は一台だけじゃない。使わないのに数台持ってたりする。

車は、大体中古車で50万円ぐらいが最低ラインで普通は100万程度からとなる。中古車でもこんなに高い。でもいらなくなって売るときもそれなりに高く売れるらしい。

車を変えない私みたいな一般庶民とタイ人は、バイクにのる。バイクは、日本で言うホンダのカブ。90%がこのタイプのバイク。日本の郵便のおじさんとか銀行の集金の人が乗ってるやつ。みんなガチャン、ガチャン音を立てながらギアを足で変える。最近は、日本のスクーターみたいなオートマも徐々に増えてきたらしいが、殆どがまだギア。こちらのバイクは、ホンダが壊れにくくて大人気。だいたい新車で13万から15万ぐらい。こちらは、120ccとかなので日本にぐらべてちょっと安いか同じぐらい。

でもいずれにしても高い。タイ人の大卒の人の給料が1.5万バーツ(4万5千円)だとして、給料の3,4カ月分!がバイクを買うのに必要なんて。日本だったら給料の1か月分でバイクは買える。

電化製品にも同じことが言える。テレビを買うのに1ヶ月分の給料が必要である。日本だったら普通、給料の数分の1でテレビが買える。

よくわからないが、日本に居たときは日本は住みづらいとか窮屈とか思ってても、日本を出て外からみると日本のいいところもいっぱい見えてくる。

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住