海外就職を目指せの記事

タイで起業するには。 [タイで独立宣言]

タイで起業。

タイで働いている人の中には、一度は、タイ起業しようと考えたことがある人が多いと思います。
実際に、タイで起業している日本人は、ものすごく多いです。

タイには、日本人が5万人~10万人程度住んでいるといわれ、あらゆる日本人向けサービスが存在します。タイでは、日本人向けの商売の需要が高いのも事実です。

では、実際に多くの人がタイで起業しているので、タイで起業することが簡単なように思いますが、実際のところ、どうなのでしょうか。タイでの起業について自分なりに考えてみたいと思います。

事実、日本では、起業して5年以上経営を続けるられるのは、10%程度と言われています。つまり、実際、起業したものの、10人中9人は、5年以内に何らかの理由でやめてしまいます。

タイは、どうかと言うと、おそらく同じです。5年以上、会社が存続する確立は、1割程度だと思います。(登記のみの休眠会社を除く)

実は、これは、どこの国でも同じようなことが言われていて、起業大国アメリカでも実際に会社を興して5年以上経営が成り立っている企業は、わずかに10%程度といわれています。

つまり、、、

タイで起業は、日本で起業するより簡単。

と宣伝されていたり、タイで起業すれば気軽に食べて行けると思われ勝ちですが、

実際には、どこの国で起業しても起業後に成功する確率は、かわらないということになります。

次回からは、タイで起業するには、どうすればいいか、具体的に紹介していきたいと思います。




↑ どこの国で働くにしても、英語ができたら、怖いものなし。
無料英語レッスン。オススメです。

ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住