海外就職を目指せの記事

タイの治安 海外旅行の注意すべき点

タイの治安は?とかタイの南部・プーケットは、治安いいの?なんてよく聞かれます。

海外旅行にこれから来られる方や、タイロングーステータイで就職を考えられている方は、やっぱり、治安が気になるところです。

タイへの旅行中、よく聞くトラブルは、こんな感じです。

■ だまされた。ボッタくられた。
近くでこんなに安く売ってたものを、お土産屋さんで高く買ってしまった。
タクシー、トゥクトゥクにのったら、遠回りされた。

こんなケースは、よくありますので、何でも買う前に交渉してみましょう。また、おみやげを買う時は、何件か回って、あっちでは、いくらだ、って言ってたよと言ってみましょう。きっとさらに価格が安くなります。

■ お金を盗まれた。ひったくりにあった。
お金を盗まれるケースは、結構ホテル内で多発してます。ちょっと豪華なホテルだから安心とか、部屋の金庫に入れておいたから安心とは、思わない方が良いです。通常、ホテル内で盗難にあってもホテルでは責任を負ってくれません。

ひったくり。バンコクでも夜道を歩く、日本人の中年層をターゲットひったくりが多発しているそうです。ここプーケットでも外国人をねらったバイクでのひったくりが多発してます。夜道、暗闇での一人での行動は最善の注意を払いましょう。

また、プーケットでは、最近、強盗も多発してます。タイ人家、外国人の家を問わず、鍵を壊され夜中に侵入され、パソコンや家財などを盗まれるケー留が多いです。

知り合いだけでもすでに数人被害に遭ってます。

■ プーケットのイスラム教と爆弾テロ
プーケットは、タイの南部と言うこともあり、イスラム教徒の人も多数住んでます。しかし、日常生活において危険はまったくありません。プーケットのデパートや大きなショッピングセンターでは、中に入るとき、車の裏やバイクなど、爆弾が付いていないか、車の下をチェックしてます。まれに大きい荷物を持っていると、チェックされる場合もあります。現在のところ、まったく問題がないと言えます。

■ プーケットの少年犯罪
プーケットポストという、プーケットの地元英字新聞にタイ プーケットでの少年犯罪の特集記事が載っていたので紹介します。

—–17歳 殺人事件で逮捕 —-

17歳の少年、ジョックは、高校を卒業ばかりで、庭師として働きはじめました。仕事が大変な割りに給料がわずかと言うことでとてもストレスが溜まっていました。

そんなストレスを発散するため、ジョックは、兄と友達、そして義理の兄と一緒に酒を飲んでいました。そして午後6時から飲み始め午後10時ベロベロによっぱらた時、事件は、起きたのです。

些細な事から、義理の兄と口論になり、持っていた小さなナイフで義理の兄を斬りつけようとしました。ところが、そのナイフは、義理の兄の右胸に突き刺さり、大量の地が流れました。

我に返り少年ジョックと周りの友達で急いで義理の兄を病院に運びましたが、翌日、彼は亡くなりました。そして、翌日そのことを警察署で母より貴下さえれた時、少年ジョックは、自分のしたことの罪の重さを実感しました。

でも、何よりタイで怖い物は、野良犬です。凶暴な犬も多いので、かまれないように注意しましょう。

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住