海外就職を目指せの記事

タイの給料と相場

さて、数回に渡って書いてきたタイで現地採用として暮らしていくためのお金の話。

自分が考えるタイで日本人として安心して暮らしていける給料額は、最低8万バーツ以上。もちろん、結婚したり、子供ができれば、きっともっとないと不安になると思います。

逆に日本で貯めた貯金がある人は、もっと少ない給料でも十分生活していけるのかも知れません。

しかし、タイで働く日本人の給料の平均は、5万バーツから6万バーツ

では、どうしたら、8万バーツ以上、できれば10万バーツ以上の給料を得られるのか考えて見ました。

自分の知り合いでもタイで現地採用で10万バーツ以上もらっている人がいます。

その人達に共通して言えることがあります。

それは、、、

ほとんどの人は、タイに来て、はじめから10万バーツ以上の給料を希望して入社したわけではないということです。

多くの人は、3万バーツや5万バーツでタイで働き始め、
数年の経験と知識、語学力を身につけ、今となっては、10万バーツ以上の給料を手に入れています。

やはり、求人を出す会社としても、はじめから本当の能力がわからない人材に、いきなり10万バーツの給料を払うのは、リスクが伴います。タイで外国人を雇用するには、給料以外にもビザやワークパーミットなど諸経費がかかります。

なので、はじめは、5万バーツから、と求人広告を出し、試用期間か年次昇給時に能力次第でいくらでも払うという会社が少なくありません。

もし、自分の経験や能力に自身があるのであれば、最初は、5万バーツでも、すぐに給料を倍にすることも不可能でないと思います。

※ ただし、昇給率については、会社によっては、1年間で1000バーツ(3千円)とか、ものすごい低い会社もあるので、能力がちゃんと給料に反映されるかは、しっかりと見極める必要があります。

タイで10万バーツ以上得ている現地採用、第二の共通点は、

日本とタイ両方に共通した職歴がある。

これも知り合いに共通していることですが、現地採用で高級取りの人は、日本で働いていた業種とタイで今働いている業種が一緒です。

海外で働くといっても、日本人である以上、求められるものは、日本人的ビジネス感覚と責任です。日本とタイの両方で同じ業種の経験があると、タイで就職活動をする上で大変有利になります。

タイ現地採用を成功に導くまとめ:

はじめは、給料額にこだわらず、何万バーツでも生活していければそれでいいと思います。たとえ、今、月給2万バーツであろうと、今の仕事が将来への経験につながるでのあれば、それで良いと思います。

大事なことは、2年後、3年後、今の仕事を通じて、経験と付加価値を付け、飛躍することができるかどうかです。

ここ数回にわたりタイ現地採用の厳しさを実際に数字を使い紹介してきましたが、逆に海外就職、タイ就職のメリットは、日本以上に年齢にこだわらずチャンスがあることです。

はじめは現地採用で入社しても、すぐに評価されすぐに駐在待遇に切り替えてもらえる可能性もあります。また、日本で何年かかっても経験できない業務も海外でならすぐに任せてもらえるということもあるかも知れません。

現実は、厳しいタイ現地採用ですが、その分、チャンスも多い現地採用です。




↑無料英語レッスン。オススメです。

ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

JUGEMテーマ:アジア
JUGEMテーマ:海外生活

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住