海外就職を目指せの記事

タイ就職の現実(接待は必要不可欠!?)

ちょっと前に【日系企業と海外就職】という記事を書きました。
日系企業といっても、自分が知っている海外の日系企業は、タイにある企業しか知らないため、客観的にしか書くことができませんでした。
自分がイメージする海外の日系企業とは、ネクタイ着用だったり、残業が当たり前のようにあったりと日本と変わらない日本文化が海外でも引き継いでいます。

実際には、これから紹介する記事をみてタイにある日系企業とは、日本以上にさらに古い日本文化を重んじていることがよくわかります。

とある、人材紹介会社のブログ記事

記事タイトル【タイで働きたい人に求めるもの】

その内容を一部抜粋すると、
タイ人は接待する事をあまり好みません。なぜ業務時間外までもてなすのか
しかし接待も大事なお仕事の一つ。お酒も入りつつ、クライアントの本音をポロッと聞きだし、ニーズに答え、競合相手に打ち勝つ・・・。なんて事もあったりします。
日本人はやはり日本人同士が落ち着くのかもしれませんね。
タイにいるからこそ、日本にいる時よりも日本人として誇りをもって行動する事が大事なんですね。

——————

この記事、ある意味、すごいと思いました。

タイで就職を勧める人材紹介会社のブログにタイで働きたい人に求めるものは、業務時間外の接待として、それは大事なお仕事の一つであり、その接待を日本人の誇りと結論とする記事です。

確かにタイの日系企業が求めるものがこういう人材なのかもしれませんが、自分は、接待をしてお酒を飲んでクライアントの本音を聞きだす?それが日本人の誇りなんてまったくもって思いません。


海外で就職を希望される方に求めるもの
は、まさに逆だと思います。(個人的な意見)

お酒を飲まなくても、自分の考えを常に発言できる人。時間外に仕事をしなくても業務を効率よく追行できる人。

この2点だと思います。

世界中どこにいても英語が必要です。無料で英会話を勉強しましょう。
あなたの英語に対する考え方を一変させる、
一度、読んだら忘れられない無料メールセミナーの詳細はこちらから⇒





ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住