海外就職を目指せの記事

タイ バンコク移住 バンコク勤務

タイ バンコク バイヨークスカイホテルの展望台からのバンコクの眺め

↑タイの高層ホテル バイヨークスカイホテルの展望台からの写真。ホテルは、価格もそんなに高くなくてオススメです。

バイヨークスカイホテルの詳細

バンコクに行ってきました。サイアムパラゴンという巨大なデパートができたとタイ人のスタッフが言っていたので、行ってみたくてついに片道1200バーツのエアーエイジア(タイの格安航空会社)のチケットをネットで買い週末に行ってきました。

エアーエイジアair asia)は安くて有名。でもフライトが予定時間に出発しないことで有名。予定より、そして当たり前のように2時間遅れでプーケットを飛び立ちました。

バンコクへは、数ヶ月に一度行っているので、特に何も新鮮に感じることは、ありませんが、やっぱり、いつ行っても驚くのは、日本人の多さです。

プーケットでは、普通に生活しててまず日本人に偶然会うようなことはありません。しかし、タイでは、道を歩いていても、BTS(モノレール)にのっても、必ず数人の日本人がいます。

どこからともなく日本語が聞こえてきます。バンコクに居る日本人の方は年齢層が幅広いのも特徴のような気がします。伊勢丹に行けば、そこはもう日本のような錯覚さえします。

すばらしい!日本とまったく変わらず生活が送れるバンコクです。バンコク移住バンコク就職したいといい人が多いのも納得です。

期待してたサイアムパラゴンですが、、、結局、大戸屋でチキン母さん煮定食を食べただけで、何も買い物はしませんでした。というより、できませんでした。

プーケットから着た田舎者には、高くて買えるものがなく、また、いいなーと思った靴も、シャツも実際、プーケットに戻れば必要がないものと感じました。(自分に言い聞かせました)

プーケットでは、ビックC(大型ディスカウントストア)でビーチサンダル30バーツ。Tシャツ100バーツですべては揃ってしまいます。サイアムパラゴンに売ってる、一桁高い、ナイキの靴3000バーツ。カルバンクラインのシャツ3000バーツなんて必要ないんです。(涙)

いつかお金持ちになったらサイアムパラゴンにまた行って、買い物してやるーと誓った週末でした。



オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住