海外就職を目指せの記事

ニュージーランド留学 いろいろな留学の形

やっぱり、語学留学は、遊びだとか意味がないとか言うけれど、たとえ短期語学留学でも海外で勉強した時間は、人生最大の思い出でような気がする。

ニュージーランドに留学した時の事。

それは、2001年ニューヨークでの同時多発テロの翌週だったこともあって同じ開講日の入学生50人の内、日本人はたった一人だった。

当日行われたクラス分けでもクラスでは、たった一人の日本人だった。ラッキーと思った瞬間、不安もいっぱい。何どうすればいいのかわからない。

でもさらにラッキーだったことは、日本人は自分一人でもなんと担任のニュージーランド人の先生は、日本在住歴10年。日本から帰ってきたばっかりの日本語ペラペラな先生だった。

日本人に英語を教えるプロだったのだ。そんな環境で放課後は、その先生がわからないことを日本語で説明してくれたり、銀行の口座の開き方を教えてくれたり、助けてくれた。

そんな事をあって普通の人よりも早く英語生活に慣れたような気がした。やっぱり、留学は、はじめが肝心。日本人がいっぱいいてすぐに友達になって毎週一緒に遊んでいたら、きっともっともっと英語で苦労していたと思う。

クラスも5カ国以上の違う国出身の構成ですごく楽しかった。週末もいつもクラスの友達と集まって遊んでいた。

あのころは、みんな学生だったし、外国に暮らす留学生だったから誰とでも気軽に仲良く慣れたような気がする

やっぱり、留学するか就職するか、この先どうするか悩んでいる人は、一度海外で出てみる事がお勧めです

たとえ、それが無駄な時間に感じても、お金を捨てる事になっても自分でやってみなければわからない事がこの世の中いっぱいです。

人生80年も生きなきゃいけないこの世の中、海外で生活する1年や2年があっても遠回りでもなんでもないと思う

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住