海外就職を目指せの記事

フィリピンの求人情報

数年前まで英語圏のコールセンターは、インドに集中していましたが、インドの人件費の上昇や人材確保の難しさ(コールセンターで働ける英語力を持った人材)などの問題から、現在、急激に、インドからフィリピンにアウトソーイング先がシフトしているそうです。

フィリピンの学校教育は英語で行われ、年間35万人が大学を卒業しているそうです。またインドに比べてフィリピン人が話す英語の方が聞き取りやすいということもあってフィリピンがコールセンター先として好まれるようです。

また、英語圏だけではく、フィリピンで日本向けのコールセンター業務を行っている会社もあります。今まで海外の日本語のコールセンターというと中国やシンガポール、タイが有名ですが、今後、フィリピンも増えてくるのではないかと思います。

コールセンターとは関係ありませんが、フィリピンの求人情報を紹介します。

リクナビネクストより フィリピン高品位製錬施設での設備管理者募集

設備管理と聞くと、工場勤務などの経験が問われることが多いですが、今回の求人は未経験者の応募も可です。

東南アジア生産拠点で営業・製造現場での生産管理・品質管理などの業務に関わります
【具体的には】
○製品の品質管理
○新規設備の立上げ及び改善
○業者との折衝
○原料調達 など
まずは弊社フィリピン工場で上記の業務に携わって頂き、一連の業務の流れ
および製品の知識を習得してもらいます。その後、皆さんの能力に応じて
各セクションに進んで頂きます。
※将来的には他国への転勤もありえます。

日本でも面接可のようですので、フィリピン就職に興味がある方は、リクナビをチェックしてみてください。

海外就職に備えて、ビジネス英語を無料でマスター!↓↓↓


無料メールマガジンで学べる英会話!英語ができれば世界が広がります




あなたの英語に対する考え方を一変させる、
一度、読んだら忘れられない無料メールセミナーの詳細はこちらから⇒

JUGEMテーマ:海外生活
JUGEMテーマ:海外生活

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住