海外就職を目指せの記事

学歴よりも職歴:学生から社会人への1歩

前回まで2回に渡り、海外就職のきっかけについて書かせていただきました。

前回の記事:海外就職への憧れの原点 その2
前々回の記事:海外就職への憧れの原点

今回は、その後の初めての就職にいたるまでを紹介したいと思います。

高校生の時に将来は、海外で就職したいと思い始めていました。
それから、日本の大学に進み、在学中は、独学で英語の勉強をしました。

よくありがちですが、英語に触れる機会を増やそうと外国人がよく来る渋谷のダイニングバーでバイトをしたり、米軍基地向けに流れる英語ラジオAM810をテープに録音してウォークマンでひたすら聞き流し、生の英語に触れる努力をしました。

そして、いつか留学をしたいと思っていたので、TOEFLのテスト勉強をしました。(TOEFLとは、海外の大学進学の際に必要な試験です。)

大学卒業後は、海外の大学院に行く予定で、ニュージーランドに語学留学しました。
数ヵ月間、語学学校で学び、IELTSというニュージーランドの大学院に入るための語学試験を受け、無事入学資格を得ました。

当時、ニュージーランドの大学付属の語学学校で一緒に学んでいた生徒は、ほとんどの人が自分よりも年上の社会経験豊富な世界各国の学生でした。

実際に、学部卒ですぐに同じ大学院進学の準備コースを受講していたのは、自分とタイ人数人ぐらいでした。当時、自分にとって、大学院に入りたい理由は、単に不況だし、就職したくないから、ある意味ファッションのようでした。

しかし、他の学生にとっては、一度社会に出て、大学院でさらに学ぶ必要を感じて留学してきた人達でした。そういう人達に囲まれて勉強している間に気が付きました。

23才だった当時の自分に必要な物は、学歴ではなく、社会経験だということを思い知りました。そして、本当に勉強したいのであれば、何歳になっても遅すぎることはないということを思い知りました。

大学院留学の予定を語学留学のみに変更し、次の目標を就職に変更しました。数ヵ月後、日本に帰国して、自分にとって本当の「目指せ!海外就職」が始まったのでした。

次回に続く。

生の英語と世界を学ぶには、英字新聞を購読することがお勧めです。→ ジャパンタイムズ購読申し込み



英語ができれば、行動範囲が広がります。
現在、英語教材売り上げNO.1の勉強法↓



有名脳科学者も大絶賛!脳科学から生まれた新しい英語の勉強法【英脳プログラム】

ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住