海外就職を目指せの記事

海外での突然の解雇宣告

シンガポール就職

日本のしがらみや面倒くさい職場での人間関係がいやで海外就職を希望する人は後を絶たないようです。

実際にアジアに関して言えば、日本より就職先は見つかりやすく、日本では派遣やアルバイトしか経験がない人でも海外では正社員として就職できる可能性もあります。

しかし、海外就職は、職に就くのが簡単なのと同時にに首(解雇)になりやすいといういうリスクもあります。

解雇と聞くと、何か会社の規則に反したとか、数字や結果が求められる仕事で結果が出せなかった、などが解雇の理由と思われますが、実際には、海外の一部の国ではこういった明確な理由さえ必要なく解雇ができる国もあります。

理由なしに解雇される国シンガポール

日本人に現在もっとも人気のシンガポールは、あまり就職する側には知られていませんが、解雇が簡単にできる国の一つです。

シンガポールに世界中の企業が進出してくる理由には、税金が安いという理由以外にも社員の解雇、人員整理が簡単にできることが人気の理由でもあります。

シンガポールでは、どんな理由に関わらず、社員を解雇することができます。

もちろん、解雇の際には、契約書に記載された日数や保障がされます。契約書に明記が無い場合には、シンガポールの労働法の日数と保障に従いますが、いずれの場合にも、どんな理由であろうと、大半は、1ヶ月程度の給料を払うことにより即日解雇されます。

良いことばかりではない海外就職

日本では、明確な理由なしに解雇することは、不当解雇なり大問題となりますが、シンガポールなど一部の国では、会社判断により、それが本人の能力に関係がなく解雇されることもあります。

働く側にとっての突然な理不尽な解雇は、心身ともに疲れ、海外で職を失うことは、生活にも関わる重大事件ですが、シンガポールや海外で働くにあたっては、解雇は、常に誰の身にも起こりうる事というのを心のどこかで考えておくべき事実だと思います。

参考記事: 突然の解雇に対処する(セールスブリッチオフィシャルブログ)
参考記事: シンガポール解雇マニュアル

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住