海外就職を目指せの記事

海外人材紹介会社の評判・使い方 【海外で働く為の方法】

海外就職人材紹介会社(エージェント)の使い方
海外就職を希望する人にとって、もっと簡単な仕事の探し方は、現地(海外)にある、エージェント(人材紹介会社)に登録とすることです。
海外には、日系の人材紹介会社が数多くあり、日本人を採用したい現地の会社と海外で働きたい日本人をマッチングさせ企業側から手数料を取るビジネスをしています。
例えるならば、不動産屋と似たようなビジネスです。
不動産屋は、空室がある物件をいっぱい持ってます。
そこに家を借りたい人がやって来て、不動産屋の説明を聞きながら、自分の条件に合う、空き家を探します。
これが人材紹介会社の場合には、空き家=仕事となります。
不動産屋も物件を紹介する時、とにかく契約して貰いたい一心で、ここは日当たりが良く、駅からも近くて、、、、なんて良いところのみを勧めて都合が悪いところは、ほとんど言いません。
何より、契約して貰わないと、手数料が入ってきませんので自分たちの所で決めて貰わないと商売が成り立ちません。。
人材紹介会社も、これと同じような仕組みです。
登録にやって来た人には、とにかくどこかの会社に入社して貰わない限り、人材紹介会社としては、利益ゼロです。
なのでとても親身になり、いろんな求人を紹介してみたり、とにかく面接だけでも、、、と勧めてきます。
それが人材紹介会社(エージェント)の仕事なので仕方ありませんが、例えば、利益、損得を考えないとしたら、自分だったら、勧めないだろう仕事もどうにか利点を見つけ入社させようとします。
つまり、本気で求職者の将来の事を考えて、親身に相談に乗っているというよりは、 人材紹介会社(自分たちの)利益のため、とりあえず、どこかの会社に入社させ、1年後ぐらいに希望と違うと言って辞めて頂くのが一番儲かるのです。
—- まとめ —
人材派遣会社の話はすべてを鵜呑みにせず、じっくり、自分の将来、自分の希望職種などを考え、自分で海外就職先を決めましょう。
※もちろん、すべての人材紹介会社が↑上記のような感じではありません。ほんとに親身になって、海外就職の事、海外での生活の事を心配してくれるエージェントもあります。

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住