海外就職を目指せの記事

海外生活 留学とお金の管理

海外留学したり、海外に長期滞在する場合に結構困るのがお金の問題
あまりに多くの現金を日本から持ってくるのは盗難とか万一の事があったら大変。

そこで海外お金の管理をどうするか、いくつか方法を紹介。

1.元気を肩身離さず、持ち込み、現地に着いたら即現地の銀行口座を作り
銀行に貯金する。

■メリット。余分な手数料がかからない。すぐに現金が使えてる。
■デメリット。留学先や滞在先によっては持ち込める金額に制限がある。万一、現地の現行に預ける前に盗難にあったらパァー。

2.シティーバンクや新生銀行など世界中で現地通貨でお金をおろせる銀行のカードを作っておく。

■メリット。とにかく手間いらず。どこにでもATMがあって日本とまったく同じ感覚でお金がおろせる。お金が無くなっても日本の家族に日本の銀行に普通に入金してもらえば良いから簡単。
■デメリット。引き出し手数料無料とうたっている場合があるが、為替レートがその分上乗せされそこで手数料の変わりとなるので大金を下ろすときには、レートが悪い。

3.トラベラーズチェックに変えて持ってくる。(小切手のような物で、日本の銀行で変えて、現地の銀行で必要な時にまた現金に換えられる)

■メリット。トラベラーズチェックは、日本でトラベラーズチェックを買うときにサインをし、また現地で現金に換えるときまたサインをするので盗難にや紛失した場合でも再発行が可能。また、発行時に1%程度の手数料がかかるが、使用時や再度現金に換える時には手数料はかからない。
■デメリット。1枚1枚にサインをしなければならないので、高額になると結構めんどくさい。

全体的に見て短期の旅行なら新生銀行。なにせ新生銀行は日本では、支店こそ少ないものの日本と同じカードで海外では手続きなしでどこでも現地通貨をおろせるし、日本国内ならセブンで24間手数料無料だから、口座を着くっておいて損はない。3ヶ月以上の留学海外長期滞在であれば、オススメは日本円のトラベラーズチェックを持ってくることです。ここで注意は、日本円のトラベラーズチェックと言うことです。他の国もものだと、滞在中やずっと持っていたら為替レートが全然変わっちゃって損したなんて事になりかねません。日本円の物だったら、様子を見ながら両替できるし、万一、使わずに日本に持ち帰ったとしても、日本で換金するばそのまま日本円なので損がないです。

以上。海外生活でのお金の管理レポートでした。他にも方法が何かあれば教えてください。

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住