海外就職を目指せの記事

海外転職の希望条件(自分の場合)

タイで在職中、どこか良い会社があれば、転職しようと思っていました。自分の希望の職は、下記の通りです。

1.非日系企業。
2. 今まで働いていた業種と同業種。
3. 役職は問わないが、リザルトベースで仕事が可能な環境。
4. スタートの給料は、平均的でかまわないが、プロベーション終了後に
しっかりとしたリバイズの機会があり、その旨を予めコントラクトに記載できること。


1.非日系企業。

実際に日系だろうと、非日系でも会社の運営方針や社員など周りの環境で大きく変わると思うので、日系だから受けないということはありませんが、はやり自分の希望条件で探すと応募する会社は、自然と外資系になります。

2. 今まで働いていた業種と同業種。
今まで幾度となく転職をしてきましたが、業種は、一環して同じ業種で働いています。今後もきっとこの業種から大きく離れることは一生ないと思います。

3. 役職は問わないが、リザルトベースで仕事が可能な環境。
今まで、一般社員→チームリーダー→一部署のマネージャー→オペレーションマネージャーと転職をしてきました。
しかし、特に次の転職で役職がほしいとは思っていません。自分の裁量で働くことができれば、結果が目に見える仕事のため、結果主義で働くことができれば、次の転職予定先では、特にポジションにはこだわりはありません。

4.スタートの給料は、平均的でかまわないが、プロベーション終了後のリバイズの額を予めコントラクトに記載できること。
スタートの給料は、最低限生活ができる給料でも自分はまったくかまわないと思っています。今は、不況ですし、予め見ず知らずの外国人社員に初めから自分の希望の給料額を出す企業は多くありません。しかし、もし本当に自分の希望する給料の見合う働きができると思うのであれば、最初からではなく、フルタイムへの切り替え時のオプションとして、コントラクトを作成してもらいます。以前も同じ方法で入社しましたが、こういうことを予め了承してくれる会社は、結果的に結果主義で評価してくれる会社だと思いますので、こういうことが可能な会社を希望します。

さて、こういう条件の求人募集は、果たしてあるのでしょうか。。。。
また後ほど、紹介させていただきたいと思います。

英語ができれば、もっともっと世界が広がり、価値観が広がります。無料で英会話を勉強しましょう。
あなたの英語に対する考え方を一変させる、
一度、読んだら忘れられない無料メールセミナーの詳細はこちらから⇒





ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

JUGEMテーマ:海外生活

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住