海外就職を目指せの記事

海外転職先の探し方と応募の仕方

結果的に退職を決意したタイの会社でしたが、退職前に転職活動を行いました。

自分の転職希望は、以前紹介した通りです。

【過去の記事】:海外転職の希望条件(自分の場合)

まずは、ネットで色々な求人募集を探したり、履歴書を登録してスカウトを待ちました。利用している求人サイトは、下記のような海外の求人サイトです。

Jobsdb
JobBKK
Recruit.net
Job Top Gun
JobJob

しかし、思うような転職先は、ありません。海外求人サイトにもスカウト機能があるため、色々な企業からレジュメのリクエストや面接のオファーがあったものの、希望するような業務内容ではありません。

そもそも、自分の働きたい業種での募集というのが、タイではほとんどありません。

それならば、と思い、求人募集は出していなくても、自分の今までの経験を生かし、会社に貢献できるのではないかと思える企業をひたすらインターネットで探し、履歴書を添付してみました。

その数、およそタイ国内で15社程度だったと思います。

すべての企業は、まだ日本のマーケットを現在持っていない、または、日本人を一人も雇用していない会社でしたが、日本マーケットの今後の需要や、自分を雇うことによって、どのような貢献ができるなどをまとめたカバーレターとともに人事宛に送付しました。

結果、メールの返事や電話での連絡があったのは、15社中3社程度でした。

返事があった会社と面接を行いました。面接というよりは、相手企業は、別に求人募集をしている訳ではないので、どちらかというと、自分よる自分という製品を売るためのプレゼンテーションのようなものでした。

さて、海外転職活動の結果は、また次回、紹介したいと思います。

英語ができれば、もっともっと世界が広がり、価値観が広がります。無料で英会話を勉強しましょう。
あなたの英語に対する考え方を一変させる、
一度、読んだら忘れられない無料メールセミナーの詳細はこちらから⇒





ブログランキング参加中。ポッチとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

JUGEMテーマ:海外生活

オススメ記事

海外就職を目指せの記事

タイ留学はタイ就職の近道か

最近、意外に多くの人がタイの大
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと[その2]

前回は、労働人口の減少の問題や
海外就職を目指せの記事

日本の将来について海外から思うこと

海外で生活していると、日本に住